低音フルートを愛でる会(その3)

(その2)からの続きです。

低音フルートを愛でる会 in くまもと の参加レポート「その3」です。

さて本番当日。
台風接近が心配されましたが、低音パワーで台風は吹き飛び……
…とはならず、午前中は結構な大雨です。

しかし前日、お客さんが一人でもいらしたらコンサートは開く!
という主催者さまの力強い言葉もあり
台風接近で来られなくなった方々を除き
ほとんどの参加者は予定通りに会場入りしました。

リハーサルを経たのち、コンサートの開演は13:30。
あいにくの天候で、会場は満席とはなりませんでしたが
それでも雨の中、いらしてくださった方々に感謝です。
低音フルートの世界を楽しんでもらえれば、と
心を込めて演奏しました。

※入場料は一般1000円、学生500円。益城町在住の方は無料。

当日のプログラムは次のとおり。

【第1部】

楽器紹介
Song for japan
イーナの歌/ソリスト:多久潤一朗

演奏:フルートアンサンブル’90 with special players

【第2部】

アヴェ・ヴェルム・コルプス
ジュ・トゥ・ヴ
wave
演歌メドレー
火祭りの踊り

曲はすべて、低音フルートオーケストラのために
多久潤一朗さんが編曲したものです。

第2部はクラシックから演歌まで、
あえて異なるジャンルから曲を選んだ、と多久さん。

アルトフルート以下の低音フルート族だけでも、
さまざまな表現ができることに驚きです。

個人的には、多久さんのバスフルートの音色を間近で聴き、
バスフルートいいわ~ と思ったコンサートでした。

コンサート終了後は、
多久さんによる「フルート特殊奏法道場」が開催されました。

宴会に使えそうな特殊奏法や
「へ?それフルートの音?!」と思わずにはいられない
不思議な奏法などを実演・指導してくれる多久さん。
参加者も自分のフルート(ここでは普通のフルートを使用)で
実際に特殊奏法にチャレンジしてみました。

(そのもようは非公開なので
特殊な奏法ってなに!?と思った方は
YouTubeで「多久潤一朗」や「マグナムトリオ」で検索してみてください)

今回のイベントの様子を多久さんご本人もブログで報告されています。
一日目
二日目

アルトフルート以下のフルート族たちは
業界(?)では「特殊管」と呼ばれています。
しかし、舞台上にずらりとならんだ楽器たちを見ていると、
もはや特殊管は「特殊」ではないな…と思った二日間でした。

最後になりましたが、
鹿児島から参加した皆さん、お疲れ様でした。
会場に聴きに来てくださった皆さん、ありがとうございました。

そしてこの特別なイベントを実現してくださったフルートアンサンブル’90のみなさん、
熊本の人々のパワーと明るさに感激しました。ありがとうございました。

そして、多久さん、台風の中はるばる九州までありがとうございました!

(了)