Q&A 演奏会を開くための費用

Q1  演奏会を開くための費用としてはどんなものがありますか?

Q2  開催時期・場所・演奏会の内容を決めて、予算(費用)を策定します。

  予算については次の項目があります。 

〔支出〕

・報酬・人件費:指揮者・客演、その他に司会者・ステージマネージャー・照明・音響・調律・受付などの人件費。付随する交通費・宿泊費。  

・会場費:ホール使用代。楽屋、譜面台・椅子など付帯設備費。

・印刷費:ポスター・チラシ・チケット・プログラムの印刷費。

・広告宣伝費:新聞・雑誌等の有料広告。 無料広告としてはWebサイトの催事案内などSNSでの宣伝。

・著作権使用料:著作権が発生する楽曲を演奏、プログラムなどに歌詞・楽譜を掲載した場合の費用 

・雑費:案内状などの郵送料、チケット販売手数料、客演・スタッフの弁当代など 

〔収入〕 

・売上:チケット販売による売り上げ 

・参加費:演奏会参加者から参加費を徴収。また参加費に相当するチケットを参加者へ販売用に配布。

・広告費:チラシ・プログラムに広告の掲載を条件に企業・団体等からの広告費。 

支出と収入のバランスが大切です。

「Q&Aアンサンブルあるある」のブログ記事一覧-薩摩フルートの会 (goo.ne.jp)