Q&A フルートオーケストラとフルートアンサンブル

Q1 フルートオーケストラとフルートアンサンブルの違いは何ですか? 

A1 演奏するときに指揮者がいる・いないの違いがあります。

 ・ 指揮者は、演奏の入り・終わりの合図を出します。

   また、音のバランス・テンポ・表現の指示、曲をまとめあげるなど役割が他にもあります。 

 ・ 演奏者は、指揮者が見える位置に椅子を調整し、指揮者の動きを視野に入れます。 

 ・ アンサンブルでは指揮者がいないので、合図は重要です。

   演奏者の中で演奏の入り・終わりの合図を出す人を決めておきます。

Q2 アンサンブルをする上で一番大切なことは何ですか? 

A2 一番大切なのことはひとつ!! まわりの演奏者の音を聴くことです。

Q&A:gooブログへ移動

2021年明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございますm(_ _)m

本年も薩摩フルートの会をよろしくお願い致します♫

2021年1月9日㈯練習日コンサート本番まで20日あまり…

中島 暢宏先生の指導を聞き漏らすまいと全集中で取り組んでいます♬

Facebookへ移動

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 35c252ce6e8b842e9d80cc5187a9d7db-3.jpg

2009年、長年の夢であった「鹿児島にフルートオーケストラを!」との熱い想いを乗せて、
地元のフルートに携わる10名の指導者・演奏者が「薩摩フルートの会」として活動を開始しました。

同年10月16日、第一回「薩摩フルートの会コンサート」を開催(かごしま県民交流センター)。
この演奏会をきっかけに、大勢の方がフルートアンサンブルに興味を持ってくださり、新規メンバー募集には幅広い年代のフルート愛好家が集まりました。

2019年4月21日、第十一回演奏会「10周年記念コンサート」を開催(かごしま県民交流センター)。
皆さまからのあたたかいご支援をいただき10周年を迎えることができました。

現在、メンバー約50名、月2回の定期練習に励んでいます。
フルートアンサンブルの素晴らしい大きな輪が仲間と共に広がりつつある、南国鹿児島です。

役員紹介 (2020年6月現在)

■ 会  長

中島真理子

■ 副 会 長

浅生典子

■ 事務局長

木村紀子

■ 会  計

立元昌代・堀内美紀・向井いずみ・森しほ

■庶  務

中野悦子・関めぐみ・福島亜紀・八田かなえ

■ 広報・記録

米丸桃子

■ライブラリー

米丸由樹